2017年2月19日 (日)

子供の絵

046「教える」のではなく「学ぶ」手助けをするという幼稚園の先生のもとで、子供達が自由に描いた作品展をみました

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

消防博物館

032

四谷の消防博物館に孫と行ってきました、江戸時代からの消防器具が展示されていて、我々建築をやっている者には興味あります、子供も消防車は大好きで、本物の消防ヘリコプターの操縦席に座れうれしそうでした、江戸時代は消火するのでなく、周りを破壊することで延焼を防ぐので火消しは解体屋だったそうです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

メールアドレス変更(個人スマホ)

メールアドレス(個人スマホ)変更になりました

新アドレス(個人スマホ) naokitsukada593@gmail.com
塚田設計室メールアドレスは変わりません sekkeitsukada@nifty.ne.jp
携帯番号は変わりません 080-3518-9100

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

墨田北斎美術館

031

034

墨田北斎美術館を見ました(設計姉島和世)

北斎が住んでいた地に 作品の美術館として世界的に著名な建築家により建設されました 隣に巨大で威圧的な江戸東京博物館があり 比べると市民に親しみやすいスケールです 外壁のアルミパネルは見慣れないので違和感があるかもしれませんが 風景が写りこみ存在感を消してくれています 図書館があったり、建設中の仮囲いに子供達が絵を描いたり各種イベントが企画されていて運営的にも成功しています

これからは人を圧迫する巨大建築物(オリンピック競技場など)でなく より人間的で親しみやすい建物を造ってほしいと思いす

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

大黒柱のある家

「大黒柱のある家」竣工しました 

00202

019

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

ホームページURL変更になりました

塚田設計室 新URLtsukadasekkei.la.coocan.jp/  

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

早稲田大学所沢キャンパス

孫と一緒に娘のルーツ早稲田大学所沢キャンパス(設計池原義郎)を訪れました

3階吹き抜けの学生ホールです

Pa220811

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月18日 (日)

坪庭スケッチ

Pjp

約1坪の空間に日本世界を込める試み

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月16日 (金)

秋草の庭

Photo_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月11日 (日)

模型によるスタディ

P9100661

設計図やパースでは1~4面しか表現出来ず、微妙な角度や位置が重要なものは、模型でスタディします、模型も縮尺が大きければ大きいほどいいようです、 

写真はS.T邸新築工事の坪庭を和室から見た模型です 1/50で全体をつくりましたが、細かいディテールまでは表現できません、重要な部分は1/10くらいの部分模型で表現したほうがよさそうです、
現代建築の巨匠たちは皆、自ら模型をいくつも造って何度も造り直しスタディしたそうです
設計作業とは模型の切り張り作業ともいえます。
 
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 6日 (火)

照明器具の選び方

2

照明器具は影の存在としていかに目立たせなくするかに配慮しています、全て間接照明にすることが理想です、現在はLEDになりコンパクトになったので以前のように照明器具が目立ちすぎるということがなくなりました、ショールームなど広くて天井の高い所で選んだものは実際の6帖間に付けてみると大きすぎることがよくあります

住宅では基本的には 全て小さなLEDダウンライトで昼光の明るさを確保し ダイニングのみ料理がおいしく見えるようペンダントを下げています、リビングダイニング空間のアクセントにします、
ペンダントはガラス、プラスチックが多いですが最近南部鉄器の製品が出ました、伝統工芸で高価ですが存在感のある素材でデザイン、色もいいです、コンパクトなので2~3個下げるようにしています、

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

建材の決め方

私の建材の決め方
建材については、正解というものがありません、性能が前提となりますが、イメージ、色などはわかりません、
そこで建材サンプルを集めて、現場に貼ったり、置いておきます、それを見ながらダメなものは捨てていきます、
時間切れで、残ったものを採用するようにしています、少しでも時間に耐えられる物ということです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

ジャイアン

2

ジャイアンは周りのさまざまの状況により、のび太をいじめるガキ大将、乱暴ものだが、おままごと、人形集めが趣味で絵もうまく、涙もろく、本当は心やさしい人物らしい

ドラえもんは登場人物のそれぞれのキャラクターがおもしろい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

野比家の間取り

ドラえもんの寝床は押入れで南向きで窓がない?

最近リホームしたらしい、以前は2階に2室あった
Photo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

「どこでもドア」

Photo

「どこでもドア」はドラえもんの道具の中で一番人気の秘密の道具です

このドアを開けるだけで、行きたい所へ、どこへでも行くことができます
我々もドアに対する思いは子供たちと同じです

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月21日 (木)

木造建築の上棟

P7150463_3

S.T邸上棟しました

昔は基礎が完成してから約1月大工が刻み場(加工場)木を選択、墨付、刻みをしましたが、今はプレカット工場で機械で加工します、上棟日に現場に運び1日で組み上げます、クレーンでの組み立てとはいえ危険な重労働の作業です、1日でボリュウムのあるものが出現するので周りにかなりの圧迫感を与えます、そのため、お祝いをかねて近所にご挨拶をします、御幣(棟飾)に施主、大工、日時を書いて棟に取り付け、四方に酒、塩、米をまいて清めます、職人は車で来るので酒が飲めず宴会は省略し、ご祝儀とお土産にすることが多いようです、かなりの費用もかかるので最近は省略することもあるようですが、一生に一度あるかないかのことで、いい思い出になり、職人達とも長い付き合いになるので出来ればやったほうがいいと思います、

木造の上棟は木の香りがよく、木槌の音も心地よく
何度経験してもいいものです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月12日 (火)

コンクリート

Photo

コンクリートの歴史は古く、ローマ人はベスビオス火山の噴火により火山灰、石灰が水中で固まり、強いことを発見したそうです、ローマの建物はレンガを仮枠にしたコンクリート造が多いです、

コンクリートは圧縮に強いですが引っ張りに弱く、そのため鉄筋で補強します、ローマパンテオンのドームは鉄筋なしのコンクリートで最大のコンクリート建造物といわれています
住宅の基礎に昔は石が使われていましたが、今は鉄筋コンクリートで低盤と地中梁一体で造り全体で荷重ささえます、上部木構造と一体化するため、コンクリートにホールダウンアンカーボルトを埋め込み、打設時にテストピースをとり破壊試験で強度を確認します、
鉄筋コンクリートの寿命は50~60年といわれており、戦後の建造物は補強、補修はしていますが寿命がきており、これから建て替えが問題になります。 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月25日 (土)

瑕疵担保責任保険、配筋検査

P6230308_2

瑕疵担保責任保険とは、住宅を建てるに10年以内に瑕疵がある場合、建主を守るため施工者がはいらなけならない保険です、法律で定められています、基準法とは別に保険の基準がありその検査を受けなければなりません、

配筋検査とは、コンクリートを打つ前に鉄筋の配置、間隔、数量、種類が図面とおり施工されているかを検査することです、検査に合格しないとコンクリートが打てません。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

地鎮祭

T邸新築工事 よい日を選んで地鎮祭を行いました

地鎮祭とは敷地内に青竹と縄で、聖域(結界)をつくり、そこに神様をお呼びして、お食事をさしあげ、地面を掘り返すお許しいただくとともに、工事の安全と完成をお願いする神事です、

最近は省略することもあるようですが、建設工事は長期になり、いろいろなことがおこることもあり、スタートの区切りと、近隣へのお知らせ的意味合いもあるので、豪華にやる必要はありませんが、午前中1時間くらいで終わるので、やった方がいいと思っています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月20日 (金)

ル・コルビュジエとは

010_4

学生時代から、コルは建築家の神様的存在でした、

日本の巨匠(丹下健三、坂倉順三、前川国男、吉阪隆生など)はフランスのコル事務所で学んだ弟子達です、

大枚をはたいて買ったコルの作品集は私のバイブル的存在で常にそばにおいて、見ていました、丹下研究室でも常にうばいあいで、手あかで真っ黒になっていたそうです、

コルはスイス生まれのフランス建築家で正規の教育は受けてなく、独学で建築を学んだそうです、そのことからどちらかというと反逆邸、革命的建築とみなされています、

今はガウディが人気ですが、コルは方向性が逆で生産性、工業性、経済性を重視し「住宅は住む機械である」といっています、アメリカを訪れたとき「ニューヨークの摩天楼は低すぎる」とも言ったそうです、

世界中に作品があり(インドが多い)日本では上野西洋美術館が私が学生時代に完成しました、見ておどろき感動しました、今ではあたりまえのコンクリート打ち放し、吹き抜け空間など初めて見ました、

画家でもあり、半日は絵を描いていたそうです、私も作品を何点か持っています、決して美しい作品とはいえませんが、エネルギーをもらえます、

現在の近代建築の生みの親であり、これからも私の神様として存在しつづける様な気がします、

西洋美術館と一連の建物が世界遺産に登録されるそうですが、遺産というにはまだ早すぎます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月17日 (日)

住宅の床

Ryunosuke

生まれて10ヵ月どこにだって行けるし、物をなめて確認出来る、床材とおもちゃの材質には注意してくれよ!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 6日 (水)

天空率

2 建物のボリュウム、形を決めるは道路斜線、高度斜線、隣地斜線、日影規制線、があります、道路の環境を守るため昔は道路斜線でしたが現在は天空率によります、道路の多くの地点に立って空の大きさで、比べます、切り妻屋根の頂点などは道路斜線では削られますが天空率でクリア出来ます、合理的でより道路環境が守られます、

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日)

木造住宅建設費比率

2_3

建設費を3.500万と仮定した場合の数年前の実行各工事費の割合です、

最近はUB、キッチン、エアコンなど設備機器割合が増える傾向で,サッシの価格も高騰しています

税金の割合が非常に大きいことがわかります。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

お知らせ看板

P3160028第一種低層住居専用地域に3階建て建物を建てる時は、近隣に知らせるため道路に面して看板を設置しなければなりません、

形式は決められていて、見やすい地面から1mに設置します、役所に設置届を出し、設置日から15日以降に確認申請出来ます、

以前はトラブルが多ったですが、看板を設置するようになってからは、少なくなったようです

T邸新築工事の記録UPしました

http://homepage2.nifty.com/sekkeisitu/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月29日 (月)

スエーデンサウンディング

Photo住宅を建てるには敷地の地盤を知っておくことが非常に大切です、地質調査により基礎の設計をします、地盤調査の方法は

1.サウンディング試験(主に木造)

2.平板裁荷試験

3.機械ボーリング試験

4.土質試験

があります、大きな建物では試験の組み合わせで調査します、

スエーデンサラウンディングは木造住宅向きで敷地の4隅と中心5か所でおこないます、80㎝のロッドを繋ぎ深さ7~10m位まで計測します、

昔は二人で人力でハンドルを回転させましたが深くなると重労働になり、今は機械で回転させ、コンピューターで自動的に記録します、

関東は富士山の火山灰のローム層が2~6mあり6階位の建物が載せられます、6階以上の建物は細砂砂礫まで杭を打ちます、

地盤は均一でなく場所によってそれぞれ異なるので地盤調査が不可欠です,

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月26日 (火)

ウオーキング効果

ウオーキングによってこれだけの病気が予防できるそうです 本当かな?(5000人13年のデーターによるそうだ)
目標にしたいが1時間~2時間かかるので毎日は無理そうです(^o^)
なるべく車から自転車に 自転車から電車+ウオーキング にしています

2_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 9日 (土)

接地感

Pb020109_3
 
リゾートホテルなどで部屋数を増やすため、高層にしますが、何となく落ち着かなく、高さのため不安になることさえあります、接地感がないということです、オフィスならいいですが、マンションを含め住宅系では接地感が大切です、
統計によると高層ほど精神的問題のある比率が多いそうです、
やむおえず高層にする場合はバルコニーなどで接地感をもたせることが必要です
写真は設計したリゾートホテル「ムーンビーチ」の5階ですがバルコニーを工夫し、接地感をもたせるようにデザインしているので安心してくつろげます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 8日 (金)

名古屋文化

Photo

外観のみ木造に似せて鉄筋コンクリートで造った城の代表として名古屋城があげられます

名古屋のシンボルであり、歴史の証言者でもあります

木造での建て替えが議論になっていますが、反対意見の大半は財源です、単なる建物でなく、名古屋しいては日本の象徴にもなりうる建物です、財源のみでは考えられないと思います

しかし近くに「犬山城」という小さいけど立派な国宝があるので、それに対するものとして、金の「しゃちほこ」と鉄筋コンクリートの大きな城があってもいいのかもしれません。

| コメント (0) | トラックバック (0)

外観のみ復元天守

鉄筋コンクリートなどで、外観のみをほぼ以前の姿に復したもの。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 5日 (火)

現存木造天守 12城

1 丸岡城(重要文化財、福井県坂井市- 1576年
Photo_20
 
2 彦根城国宝、滋賀県彦根市- 1606年
Photo_21
 
3 松江城(重要文化財、島根県松江市- 1607年
Photo_22
 
4 姫路城世界遺産・国宝、兵庫県姫路市- 1609年
Photo_23
 
5 犬山城国宝、愛知県犬山市- 1601年
Photo_24
 
6 松本城国宝、長野県松本市-1597年
Photo_25
 
7 丸亀城(重要文化財、香川県丸亀市- 1660年
Photo_26
 
8 宇和島城(重要文化財、愛媛県宇和島市- 1665年
Photo_27
 
9 備中松山城(重要文化財、岡山県高梁市- 1683年

Photo_28

  10 高知城(重要文化財、高知県高知市- 1747年

Photo_29

11 弘前城(重要文化財、青森県弘前市- 1811年

Photo_30

12 松山城(重要文化財、愛媛県松山市- 1602年

Photo_31

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 3日 (日)

名古屋城木造復元

名古屋城、木造復元に賛否=「本物」天守閣に400億円―市長構想、 尾張名古屋は城で持つ。  名古屋市の中心に建つ名古屋城をめぐり、河村たかし市長が打ち出した天守閣の木造復元構想が論議を呼んでいる。コンクリート造からの建て替え費用は、市の見積もりで最大約400億円。文化的価値や経済効果をうたう市長に、市民からは必要性や実現可能性を問う声が上がっている。  名古屋城は戦時中に焼失し、再建から半世紀以上がたつ。老朽化に加え耐震性に問題があり、市は木造復元案のほか、約29億円で耐震改修する案も検討してきた。  河村市長は「城は市のシンボル。寸分たがわぬ復元を」と訴え、訪日客が増える東京五輪前の完成を目指す。2015年度9月補正予算に調査費3500万円を計上。「本物」の復元で入場者は現在の年165万人から2倍となり、年100億円の経済効果を生むとして、「市民一人一人がもうかる」とばら色の未来を描く。  これに対し、市民には困惑が広がる。住民説明会では、「文化遺産になる」「孫に本物を見せたい」と賛同する声の一方、「財源はどうするのか」「人命に関わる事業が優先」との批判も。市は財源として補助金や寄付のほか、市債や市税を挙げるが、保育士の女性(44)は「そんなお金があるのなら、保育園がいくつも造れる」と首をかしげる(ニュースより)
 
私は鉄筋コンクリートの城は何の価値もないと思います、シンボルがニセ物では名古屋全体がニセ物のようで耐えられません 
鉄筋の城なら石垣だけの方がまだいいです。
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月17日 (木)

冬の高尾山

Pc160311 朝起きたら暖かく快晴だったので、ふと思い立ち高尾山に行ってきました
高尾~日影沢~いろはの森~薬王院~山頂~稲荷山コース
薬王院で「健康登山の証」(21回登ると満行となり名前の木札が掲示される)を入手しました、友人の寺田さんは10回満行で掲示されてました
満行出来るかはわかりませんが健康によさそうです 落ち葉と木漏れ日が美しく冬の高尾山を満喫しました
「三ツ星の山」として世界的に有名になってしまったので、半分位は外人で、土日祝日は行列です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

「石は立てろ」

Pc150281 「石は立てろ」といわれているが 自分で石組みを試みて 石は立てただけでなく 半分以上埋めないと落ち着かないことがよくわかった
明日は穴堀だ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月14日 (月)

「そら」がいなくなった

Sora

吾輩は「そら」である

目が空色だったので単純に「そら」となずけたらしい、

同居人は我輩の超能力に興味があるらしい、100m先のネズミの動きを察知できるし、飛び立ったスズメも捕まえられる、顔の半分もある耳は左右別々に動かせる、普段隠している爪は釣り針の様に鋭い、ネコパンチをくわせれば一発で相手にダメージを与えることが出来る、

群れないので、常に孤独だが、さびしくはない、同居人は一人でさびしいのか、よく話しかけてくる、ずしっぽで返事はしているが、うるさくてしょうがない、住まいの中で、その季節で一番快適な場所を誰よりも知っている、同居人はそれを観察してるみたいだ、

まあ一緒に暮らしてきたけど、そろそろお別れかもしれない、元気に暮らせや。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月11日 (金)

地上18階からの眺め

Pb280228_2

Pb280238

港区白金のマンションの18階からの眺めです

白金周辺には高層建物がなく レインボウブリッジ、東京タワー、スカイツリー、六本木ヒルズなど見えます 空が大きくその日の雲の様子がよくわかります

夜は60m以上の建物に義務付けられている赤い航空障害灯だらけで、改めて東京の大都会さを実感します。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月17日 (火)

銀閣寺アプローチ

2

Photo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月12日 (木)

ホテルムーンビーチ

Pb020085_2

Pb020084_2 設計を担当した「ホテルムーンビーチ」を40年ぶりに訪問しました、

内装はかなり傷んでいましたが、緑が成長し、テーマの「光と風の建築」になってきました、吹き抜ける風が気持ちよく、接地感のあるバルコニーでくつろげました、

日本的というよりハワイ的かもしれません。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月13日 (日)

蜀の桟道

Photo
秦を破った劉邦が漢中へ行く道「蜀の桟道」は 下は千丈の谷の岸壁の中腹に丸太の支柱を造り上に丸太を置いた桟で人ひとりがやっと通れる幻の道で、250Kmも続くそうです

李白は「蜀道の難きは青天にのぼるよりも難し」とうたっています   蕪村も「蜀桟道図」で画いています

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月29日 (土)

古代巨大建造物

Photo

紀元前200年秦の始皇帝が建てた大宮殿「阿房宮」です

東西800m南北426m270棟

日本が弥生石器時代に中国で木造で巨大建築が建てられました

これにより秦は疲弊し、滅び未完成だったそうです

項羽によって焼かれたそうです

一部再現されテーマパークになっているそうです

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月29日 (水)

国立競技場の圧迫感

25

20

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

緑のオリンピック

23

24_2
オリンピック終了後、仮設の屋根を撤去して 市民の公園として整備します

新競技場は 地面を掘り下げて 観客席にし 地上には基本的に建物を造りません

クレーターの様な穴が残され オリンピックの記念とします

仮設屋根は、テフロン加工のキャンバスをワイヤーで吊りで軽く覆います 

北京をはじめ 世界どこの競技場も今は廃墟同然になっているようです

会期中も終了後も 神宮外苑の緑が守られる様な 施設にしてもらいたいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月19日 (日)

新国立競技場 提案

Photo
オリンピックのために巨額の費用をかけ、巨大建造物を造ろうとしています

オリンピックが終わったら8万人もの動員のイベントはほとんどなく、巨額の維持費がかかるはずです、神宮外苑は都内でも数少ない公園の一つです 外苑の景観と森を守りたいです

地面を掘り下げて観客席を造り、屋根は仮設で終わったら撤去して、あとは競技場、観客席も含め、市民の変化のあるスポ=ツ公園とします

永く残り圧迫感のある巨大建造物は造らないでほしいです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月17日 (金)

始皇帝の銅馬車

5

4

紀元前221年(弥生時代)中国を始めて統一した始皇帝は、中央集権を確立し、交通網を整備し、支配地域をこの馬車で巡遊しました

本体は3.000位の鋳造した銅の部品を溶接してあり、金銀で装飾されています、武器は銅から鉄にかわりつつあります、日本の石器弥生時代にこの金属先端技術があったとは驚きです

兵馬俑の遺跡から1/2の現物がでてきたので、かなり正確です

「始皇帝の暗殺」「項羽と劉邦」を読んで、官僚制度、律令制度が出来たこの時代に興味をもっています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

エスカレーター神社

1

国会議事堂の隣にある日枝神社はエスカレーターでお参り出来ます、年寄りや子供連れにいいが ありがたいような ありがたくないような!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月26日 (金)

海竜王寺十一面観音

Photo_2
数ある十一面観音の中で海竜王寺の観音は生々しく美しい

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

浦賀 燈明堂

Photo浦賀 燈明堂は木製の灯台が復元されたもので、東京湾の入り口に位置し、海がきれいで、環境のすばらしいところです

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日)

向井潤吉

89d549be3724be94e3a400c74b87e31a713

2_2

世田谷弦巻にある向井潤吉アトリエ館に行ってきました

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

横須賀

P6040111
横須賀は米軍と自衛隊の海軍基地があり、いろいろ問題もあるが、基地があることによる多様性があり、オシャレな街になっている、財政的にも周りより豊かな市になっていて、活気があり、おもしろい街です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 1日 (月)

添水

P5230041
添水(そうず)を古竹で造り直しました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

水辺楽校バイオトープ

Mizube_o
多摩川には上流から下流まで、たくさんの「水辺の楽校」がある,狛江は自然の森が沢山残されており、豊かな水辺の生態系が観察出来る 水害にあってから、荒れたままだが、きれいに整備してしまわないほうがいいのかもしれない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

5月5日の風景

P5030010

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 4日 (月)

秋山家土蔵

P5030007
次太夫堀公園、秋山家土蔵 屋根が葺き替えられました

切り妻本体に寄棟屋根が面白い。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 4日 (土)

花より立飲み焼酎

P4010489今年の花見は上野公園

そうそうに切上げて、御徒町人気の立飲み「たきおか」で焼酎と煮込み

超満員だったが おいしく 超楽しかった

やはり花より焼酎だ。

立飲みでは浅草橋「西口やきとん」もおいしい

人間関係が近くていい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

野沢温泉「奈良屋旅館」のこだわり

Naraya61
旅館のもてなしにはいろいろあるが、なんといっても風呂が原点であり こだわっている、毎日湯をぬいて3時間かけてタワシで床、浴槽を徹底的に磨きあげる、再び湯をはって、お客様が来る前に温度を何度も何度もはかって調節している、、あたりまえのようだが この原点へのこだわりが 半端でない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

横浜大桟橋

P2150405
横浜大桟橋は設計コンペの1等案(外人女性建築家)が実現したものだが、数年たちデッキ材も落ち着き,コンクリートの味気ない桟橋でなく、半島の庭園の様になり、良くなってきました、芝生が緑になったらまた来たいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

高層ビル街の宮崎駿

P1250375
汐留(新橋)の高層ビル街は無機的で、なにかいたたまれないな雰囲気です

その一角に宮崎駿のからくり時計があります ほっとします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

鉄筋コンクリート製 城

P1110369北条氏の小田原城を見てきました、相模湾、三浦半島、丹沢、箱根、真鶴岬まで絶景でした

ただこの城 鉄筋コンクリートで建直されたもので外観からはわかりませんが、内部に木造の面影は全くありません

最近この様な城が増えており残念です、街のシンボル的な意味合いしかもたないので外観だけ木造に似せた偽装建築でもやむおえないのかもしれません、鉄筋で建てるくらいなら、石垣だけのほうがまだいいです

有名な名古屋城も鉄筋ですが、そのような反省から、木造で建てて直す計画中だそうです

ちなみに城の建設費は500億円位だそうです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 3日 (水)

内藤礼 信の感情

Pb280301
見るということは、それはそれであると認め、信じるということ、眼差ししを送ること、その時対象もまた、こちらに眼差しを向けている、じっと目を凝らし、息を潜め、ようやく認識できたと思っても、ふとした瞬間に遠ざかってしまう、でもそれは確かにそれであり、そこにある、信じることができる、それは世界を肯定的に発見しなおす歓びだ。

内藤礼は、日常の中で感じ取りにくくなっていることを、感じ取れるように、作品で示してくれています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月29日 (土)

旧朝香宮邸、内藤礼「信の感情」

Pb280288

Pb280299

アールデコ建築の代表「朝香宮邸」のリニアルと新館が完成し、内藤礼展と共に見てきました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

景信山の紅葉

Pb230273_2
紅葉を見に、景信山から高尾山歩いてきました

高尾山といえども最近はきつくなってきましたが、体力と気力の確認が出来ました。    歩数22.437歩

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

一級建築士定期講習修了

Pb190251
耐震強度偽装事件があって、建築士法が大巾にきびしくなり、3年ごとに講習、考査を受けなければならなくなりました、今回85点で合格しました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

一人暮らし自給自足のガルテン小屋

Hitorigurasipa8

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

Low cost house 3

Lowcosutopa6_2
ローコストハウスその3計画

敷地面積 約18坪

延べ床面積 21.5坪(ロフト込)

1階    水回り、玄関、車庫

2階    LDK

ロフト階  寝室、子供室

概算   ¥17.000.000

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月24日 (金)

一人暮らしの小さな家の村

Itorigurasimura
一人暮らしの家を、少しづつ建て増していき、村を造ります

少しづつ大きさや材質を変えて変化をつけ、いろいろな仕事、世代の男女でコミニケーション出来たらいいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

一人暮らしの小さな家

Hitorigurasi

Hitorigurasi_2

私は基本的に一人暮らしで、広い家は必要ありません、

だからといって一般的なアパートにあまり住みたくありません

建坪 2.5K×2K=5坪で 水回りの上がロフトで寝る場所にします

延べ7坪の家です

この家を順次造っていき 単身者村ができたらいいと思っています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

沖縄の高倉

P9280194

江戸東京建物園で改めて「高倉」を見ました

シンプルで、力強く、美しいです

建物の原型を表しているように思います、台風にさからわないでコトコト歩くそうです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

木製バルコニー

P8130121

自分の家のバルコニー 出来て18年たち痛んできたので自分で補修しています 木材は表面は腐食していますが 芯はしっかりしていることに驚きました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

「はねきプレパーク」

P7140700_4 30年前からある「はねきプレパーク」は 大人が考えてつくった児童公園とは違い スペースのみ提供し 子供が自主的に自由に遊べます 他の公園で禁止されている様なこと(たき火、木登り、どろんこ遊び、小屋づくり、穴掘りなど)もできます

遊んでいる子供達は元気で 本当に生き生きしています

都会の子供達には この様な児童公園が必要なのかもしれません。 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月30日 (月)

ダイヤモンドヘッド

P6220635_2b

ハワイのシンボル ダイヤモンドヘッドに登ってきました

巨大なクレーターの一部で 高さ232m 片道40分位で誰でも軽装で登れます

ハワイは初めて行きましたが アジアや沖縄と違って 空気感がさわやかで ダイナミックな山と豊かな緑があふれ 海もきれいで 別荘を持ちたい気持ちに納得しました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

フィトンチッド

木の発散する揮発性物質「フィトンチッド」は殺菌作用、脳の活性化作用、リラックス作用など人間にとって有益、とされています

一説には木が長寿なのはフィトンチッドのおかげらしいです

都心の高層マンションに住んでいた痴呆症の老人はイライラして常に奇声を発していましたが、林の中に木造住宅を新築し移ってからピタット止みました、経験しました、

木の種類、工法にもよりますが  木造住宅は 蚊やゴキブリ、ダニが少ない カビが生えにくい

その他木の調湿作用により湿度50%を上回らない、床では歩行の弾力が良い、音の残響が心地良いなど、木の効用はまだ解明されてないものがたくさんありそうです

サルだったころ森の中で生活していたDNAが組み込まれてしまっているのかもしれません

都会人も抵抗力(免疫力)を回復し 強化するため時々森に行くのがいいのかもしれません。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

手摺の影

P5100516 善福寺川の柵は曲線になっていて その影が道路に写り面白い

古代建築の中には 建物の影を取り入れたものが少なくありません 現代建築でも 花取り入れたら面白いと思います

スカイツリー日時計はおもしろいかも。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

柱の形状

Photo

歴史に耐えてきた遺跡の柱は 力強く 美しく 建物の柱の形を決める時 参考にします

写真は「パルミラ都市遺跡」(シリア)の列柱

日本では唐招提寺のエンタシスの柱とその配列がいいです

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

風かおる5月

Kinuta5

この時期 外の風が気持ちいいので よく散歩しています いつも弁当をもって行く 気に入っている場所です 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

ここはどこだ?

P4110423

それにしても良く出来ている

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

白井晟一の断面

Siraiseiiti3

巨匠「白井晟一」の断面です

地面とレベル差をなくすため底盤を下げています、庭との一体感が強調されます

庇を長く(約1間) 低くおさえています

| コメント (0) | トラックバック (2)

2014年4月 3日 (木)

目黒川花見

P4020398

Photo_8

今年目黒川で花見しました

目黒駅から大橋まで桜が川に張出し、見事です

中目黒は人の行列でした

目黒から家まで歩いたので、歩数の新記録が出ました

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月26日 (水)

フィルムスキャナー

P3260390_4 フィルムスキャナーを買いました

過去の35mmフィルムがたくさんあり捨ててしまうのも惜しいので、デジタル化して残すことにしました、でも一枚づつスキャンするので時間がかかりそうです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月19日 (水)

武蔵の描いた絵

Yjimageu83p20qt_2

剣の達人宮本武蔵が描いた「枯木鳴鳥図」です

達人が趣味的に描いたものとは違い、本格的な絵で、高く評価されています、

絵から武蔵の人物像が見えてきます

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

バガボンド

Photo

井上雄彦は 漫画の筋よりも 人物の性格に重点をおき 決まると筋は自然にできる といっています、

人物の心の動きを 緻密な描写で拡大して表現しています、影なども筆で一本一本 線で書いて描いています,気の遠くなるような作業で、1コマにかなり時間をかけています、

漫画文化も日々進化しています、19巻まで一気に読んでしまいました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

目の悪かった画家

Img_630028_24345523_0_3

版画家棟方志功は目が悪かったそうで、画家にとっては致命的ともいえなくもありません、そのため「心」のキャンバスに画くように決心したそうです、残された作品には美しさだけでなく「心」を感じます

晩年 耳が聞こえ中なかったベートーベンも「心」の楽譜で音楽をつくったはずで、心の作品だからこそ 人の心をうつかもしれません

建築家も体が衰え、手が動かなくなると、「心」に画かざるおえなくなり、かえって自由に発想出来るようです、巨匠達の晩年の作品は自由奔放なものが多いです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

ヨコハマ創造都市センター

P3020354_4

書道展が横浜 馬車道「ヨコハマ創造都市センター」で開かれました

会場の建物は 昔の第一銀行横浜支店が改装されたもので 横浜市の文化センターになっています

オーダー式の古い建築ですが 天井、柱、開口部などが細かく丁寧に創ってあり 今見ると新鮮でモダンです

展覧会も開かれる場所によって 印象が大きく変わり 改めて建築の大切さを実感しました

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

朝の習字

P2190325_2 本日は5時に起きて習字しました

まだ暗く すみきった空気の中 心を落ち着けて8枚書きました

昼書いたものとは何か違うような気がします。

34_4

第34回静雅書展に出品しています

3月2日(日)1時からヨコハマ創造都市センターで会長の講評会があります

出ていますのでお暇がありましたらおでかけ下さい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

Windous 7

P2150313

遅ればせながら 自宅のリビングに Winndous 7 が開通しました 

四六時中インターネットが使えます いいのか?わるいのか?ネット中毒にになりそうです

仕事ではXPを使ていますが ソフトが7に対応しなかったり データがそのまま表示出来ず苦労しています

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

今年の書道展

P2070307_7 今年も上野都美術館で 所属している書道会の展覧会を見てきました

たまたま子供達の展覧会もやっていたので見ました

何かこの作品が心に残りました

よく見ると 相当修練を積んでいて 書き込んでいるようです

3月1日~3月5日までヨコハマ創造都市センターで書道会の公募展があります 私も出品しています 機会があればご覧ください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

茶房「李白」

P2020276_2P2020289_4経堂の「李白」に行ってきました 家から歩いて行けます

神田にあった有名な店で2004年に経堂に移転したそうです

韓国 古民家風の 簡素なのたたずまいが何かなつかしさを感じます

李朝の家具、調度品が置いてあり シンプルでありながら温かみがあります

和風文化の「わび、さび」の原点を感じさせてくれるようです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月30日 (木)

蝋梅 満開

P1310265

まだ1月なのに 庭の蝋梅が満開になりました 。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

「カヤバ珈琲」「クラシックガーデン根津」

P1260253P1260256_2上野界隈を散歩しました

「カヤバ珈琲」は大正5年に出来た古い建物で 人気があり、行列していました、喫茶店の行列は初めて見ました、メニューもさることながら 今はこんな建物が ユニークで カコイイです、

子供の頃 近くに住んでいた根津で、隈研吾設計の「クラシックガーデン根津」を見ました、

外壁は昔からある「簓子下見板張り(ささらごしたみいたばり)」で、同じようなマンションやプレハブ住宅が立ち並んだ中 根津の歴史を感じさせ いいです、

建物は その土地の個性、歴史を大切にしてほしいと思います 街の活性化につながります。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

三理塚教会 設計吉村順三

P04

P07_1

三理塚教会展を見てきました、1954年(60年前) 後に成田空港反対同盟のリーダーとなる戸村一作が寄付を募り 建設されました、吉村順三の設計で なぜか今まで発表されてなく、今回初めて紹介されました、簡素でありながら 祈りの豊かな空間になっています、家具も設計され、材料は木とシックイが主です 時代を越えて生き続ける木造建築として、今 改めて注目されています

木構造が良く考えられていて 方杖がゴシック建築を連想させます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

ピカソの食事

Imgy17142613 ピカソの晩年の写真集「good bye Picasso」ダンカン著の中の1枚です(ピカソ75歳)

芸術家は作品だけでなく、普段の生活そのものが芸術的です、

ピカソ80歳で結婚した「ジャックリーヌ ロック(当時36歳)」と子供や孫に囲まれて91歳で亡くなるまで創作活動を続けました

エネルギーの塊の様な人でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月17日 (金)

良寛の書

B0044404_10415310_3

王義之、道風など本格的に学んできた良寛が、子供に.せがまれて、凧に書いた書です、宇宙は仏の慈悲に満ちているという意味です

書道始めて3年ですが、まだまだこの字が書ける人格には なれそうにありません、

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

蝋梅(ロウバイ)

Photo_2

今年も庭の 蝋梅の芽がふくらんだ

正月が終ったばかり 寒いこの時期 春をつげてくれる

きびしい環境の中 真っ先に 力強く 咲くのを見ると

元気をもらえるようです

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

雑木林の庭

Niwa きれいに刈り込まれた日本庭園もいいものですが、維持管理に多額の費用がかかります、

そこで自分で楽しみながら、雑木を少しづつ植えて自然の里山の様な庭がいいと思います、見るだけでなく、子供たちが木登り、ブランコ遊び、果樹取り、ドングリ拾い、など森の中で生活している様になります、

駐車場などもコンクリートで舗装し、既成のアルミ屋根をかけてしまうのでなく、庭の一部に車がさりげなく置かれている様にしたいです、車1台分3坪あれば立派な庭が出来ます、塀もなくして下草を植えれば、街が潤いのある表情になります、

写真は街で見かけた駐車場で、タイヤ部分だけ自然石を敷いています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火)

おかげ参り

10

1_2

一生に一度は行きたいと言われてきた「おかげ参り(伊勢神宮参り)」してきました、江戸から片道15日かかったそうです、今年20年ごとの式年遷宮にあたり、総桧造りで新しくなりました、まだ古い宮が残されており、傷みがはげしく遷宮に納得出来ました、壊して再生させるという、すがすがしく、いさぎよい日本精神を見たようでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

ネット設計

Photo

本来 住まいの設計は建主との密な話し合いの中から生まれます、しかしネットがめざましく発達した現在 メールのやりとりで かなりのところまで設計出来ます、面と向かって言いにくいことも、メールで意見を戦わすことも出来ます、そのためには密な連絡と、わかりやすい絵が必要です、それに物事がスピーディに進めます、現場が始まると週1回以上行かなければなりませんが、それ以外では交通費、通信費が節約出来 設計に時間をまわせます、 設計料も安くなりそうです、経験したことはありませんが、極言すれば 一度も顔を合わすことなく、家が出来てしまいそうです、ネットでどこまで可能なのか?、わかりません、

上の絵はインテリアガイドとして建主に分かり易く説明するためのもので、建材の品番、色などを具体的に提示しメールます、カラー見本、カタログなども貼り付けます、模型も写真に撮ってメールします、

建築確認申請もメールの時代です、練るところにはたっぷり時間をかけ、それ以外はスピード感をもってやれます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

住まいの匂い

家の新築時には建材の匂い(木材、タタミ、土壁、クロス、接着剤、塗料、紙、コンクリート、設備機器、など)で充満しています、最近はシックハウス防止のため24時間換気が法律で義務付けられています、機械換気を推奨しているようですが、騒音、コストで難点があり、自然換気でクリアするようにしています、

生活を始めると生活臭(人体、ペット、調理、汚水、家具、家電、衣類、寝具、クツ、植物、水、燃料など)いっぱいですが、人の鼻はすぐ慣れてしまうので、気付かないことが多いです、家の匂いは生活の証であり、その家の個性でもありますが、1日1回は窓を開けて、換気することを習慣化いいと思います、1週間留守にして締め切っておくとカビ臭くなることからもわかるように換気が大切です、

建築家は生活臭を出来るだけ排除したいと思っていますが、全く無くすことは不可能で、匂いをうまくデザインに取り入れるやりかたもあるかもしれません。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 5日 (木)

高尾山の紅葉

Pb240029

今年も高尾山の紅葉を見てきました、激混で、日本人は山の自然が大好きなことを改めて認識させられました、高尾山はほとんど針葉樹なので紅葉する木が目立ちます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 3日 (火)

ステンレス手摺

Pb300065 住宅の階段にステンレス手摺と4mmワイヤーをテンショナーで取り付けました、シンプルでモダンな印象に出来ました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

マンションリノベーション

Photo_2

マンション リノベーション計画のインテリア ラフスケッチ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

オモチャのアイランドキッチン

K オモチャのアイランドキッチンです、

今はこんなオモチャがあるとはおどろきです

木製なので肌触りがあたたかで やさしく、手足の微妙な感覚になじみ、子供は気に入っていつまでも遊んでいる様です、

丈夫なので何世代にわたって受け継がれていくかもしれません  

| コメント (0) | トラックバック (0)

«ギャラリー「Section d`or」